top of page
理事写真 (1).jpg

共に学び

共に栄える

共に学び 共に栄える

具体的に明確に

​肯定的に目標を持つ

~どんな時も内なる志を持ち続けよう~

​会長方針

Chairman's policy

​私は昨年、36TTという9ヶ月間に及ぶ講座を受講し、リーダーとして必要な「組織づくり」を一から学びました。

組織に欠かせないものは、経営者幹部の「強い意志」と「ビジョン」と具体的で明確で肯定的な「目標」です。そして、認め愛・支え愛・育ち愛の「愛の力」です。

「共に学び 共に栄える」精神で、入会して本当に良かったという喜びをつくり、価値ある山形経営研究会を一緒に育てていきましょう。

完璧な経営者はいません。

だから学ぶのです。

2024年度

日創研山形経営研究会

​会長 佐藤奈々子

​日創研経営研究会の基本思想

Philosophy

- 1つの理念 -

​「共に学び 共に栄える」

日創研経営研究会の会員は学ぶことがすべての経営の基本と考える。

 

謙虚に1人1人が学び、自らを律せられるようになった時、 私達の会社は理想の職場になり更に栄えていくのである。

 

共に学ぶ心が、自分の会社を、そして、そこで働く社員さん1人1人の家庭、人生を、 更にこの社会を繁栄させる源泉になるのである。

共に学び、共に栄える精神をもって、日創研経営研究会の理念とする。

- 2つの目的 -

- 3つの誓い -

DATA

山形経営研究会について

418293608_3685715521673801_7584337932456521798_n.jpg

53名

会員数

38社

参加企業数

81%

例会の会員出席率

6個

活動している委員会数

WHY VOLASO

A Different Approach, Using a New Method of Manufacturing

Use this space to promote the business, its products or its services. Help people become familiar with the business and its offerings, creating a sense of connection and trust. Focus on what makes the business unique and how users can benefit from choosing it.

COLLABORATION

Our Industry Partners

​山形経営研究会例会・勉強会一覧

Event

山形経営研究会 7月例会

眞鍋 明 氏

1962年1月25日西条市小松町生まれ、近畿大学工学部へ進学。20歳で双 子の兄が亡くなり、後継ぎを決意。大学卒業後、フランス料理修行を経 て、イタリア料理の株式会社サンマリオに入社。総料理長として店舗企 画、運営、店舗開発、メニュー開発などを学ぶ。


29歳で帰郷し有限会社丸文食堂に入社、翌年丸文食堂からマルブンに 業態変更をしてリオープン。その後父の跡を継ぎ四代目経営者に。代表取 締役に就任し社名を株式会社マルブンに変更する、その後松山に進出し 数々の店舗をオープンし現在に至る。


2002年より地元の農家から農産物を仕入れているが、無理な値引き交 渉はせず直接取引をするなど、農家を大切にした取引を行っている。


また、2010年より 「ありがとうレストラン」を店舗ビジョンに掲げ、社 会や世の中のお役に立てる人材、認められる人材、褒められる人材、必要 とされる人材づくりとなるための充実した社員教育を行っている。そのた め一般的には離職率が高いといわれる業界ながら高い定着率を誇り、第6 回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 審査委員会特別賞を受賞。


また、FNSご当地うま撮グランプリでは、 全国29都道府県の中でマルブン小松本店の 五代目鯛めしが日本一に輝いた。

日創研経営研究会 本部副会長

株式会社マルブン 代表取締役会長

開催場所:

山形テルサ

開催日時:

2024年7月19日
午後6:30

人が育つ社風とは?

社会貢献

​人の役に立つ会社になる

  • 人財の雇用と育成

  • 納税による地域社会や国家への貢献

  • 新商品、新技術の開発

  • 環境への貢献

適正利益の確保

企業活動の

存続・成長・発展

  • 企業活動の存続、成長、発展

  • 社員の高所得、高福祉

  • 職場環境の改善

私達は、汗を流すことを忘れません。投機的なことには一切手をつけず、健全な経営を心掛けます。

01

02

私達は、社員さんを単なる雇い人として考えるのではなく、経営のより良きパートナーとして、人財の育成に全力でつとめます。

03

私達は、正しい納税を通して、社会に貢献します。

bottom of page